FEATURE 今月の特集

List365のリフォーム by リストコンストラクション

住まいLibrary

葉山町T様宅の事例 : 中古マンション

いつだって海を感じられる。
開放感あふれるフルリノベーション。

奥のベッドルームはリビングルームよりも床を高く設定。リビングに人がいても視界をさえぎることなく海を感じることができます。

全面ガラスのワイドなサッシから間近に海を望む葉山のマンション。T様のご要望は、「くつろげる別荘として。あとは、ゲストを招くレセプションスペースとしても活用したい」という海を望む立地を最大限に生かしたリフォーム。
 部屋のどの場所からでも海を感じることができるよう、コンセプトは「大きなワンルーム」。1LDKの間取りの間仕切りを全
て取り払い、水廻りも含めたフルリノベーションを行うことにしました。
 リビング、ゲストルーム、バスルーム、ベッドルーム、この4つの空間を ワンルーム 風にまとめ、一体感を出すために意識したのがやはり海が感じられるかということ。奥のベッドルームに段差をつけたり、バスルームの壁をガラス張りにするなど、暮らしの中でどの場所からも海が感じられるような工夫をしました(写真①)。

扉を閉めることでキッチン全体が隠れます。

また、キッチン全体を隠すことができる扉を設置。レセプションでお客様をお招きした際に生活感を出さないよう配慮しました(写真②)。

(右)カマボコ型の天井と調和する左官仕上げの壁面。
(左)手仕事の質感が生きたアートのようなリビングの壁面。

さらに「アート」や「手作り」がお好きなT様。壁材や床材にも独自性を加えたいとのことで、1つ1つ素材なども確認しながらセレクトしていきました。リビングやベッドルームの壁面は左官仕上げ。手仕事ならではの質感で壁自体がアートのような仕上がりになりました。さらに、ベッドルームの壁面デザインは「偶然発見して、とても気に入った」というカマボコ型の天井を生かしたものとなっています(写真③)。

床に名栗加工のフローリングを使用した、シックなベッドルーム。

4つの空間にさりげない違いを出すために床の素材もそれぞれ異なるものを採用しました。ツヤのある大理石を敷き詰めたリビングから、ゲストルーム、バスルームに向かうにしたがって、落ち着いた質感のある石貼りに。ベッドルームには名栗加工のフローリングを使用しています(写真④)。

T様は、当初は主に週末を過ごす別荘として考えていましたが、今では普段もふらりと足を運ぶことが増えたといいます。「私たちは普段都内に住んでいるのですが、物件探しからリノベーションまでリストグループで完結でき、スムーズでした。また、プランに関しても、リストコンストラクションの井上さんと建築家の方の連携で、私たちの要望に対して、ひとつひとつ丁寧に対応していただき、しっかりまとめていただいたので満足しています。海を感じられる気持ちのよい空間です」(T様談)。

完全に区切られていたリビング・ダイニングとベッドルームを、壁を解体して一体の空間に変更。キッチン、トイレ、洗面を壁側にコンパクトに配置することで空間をすっきりとまとめ、開放感を高めています。

【施工DATA】
物件概要 種別:マンション/築年数:15年
リフォーム概要 施工場所:フルリノベーション/工期:約2ヶ月
【 設   計 】
株式会社 Studio Tokyo West  一級建築士事務所